もぐさの体験講習会in大阪 2016年6月24日開催予定

風薫る季節となりました。いかがお過ごしでしょうか。

もぐさのお手当を普段ご利用にされている方はご存知かと存じますが。
もぐさは血中に綺麗なサラサラの血を流すのが目的であり、自然治癒力を高めるのが狙いです。

そのもぐさのメーカである有限会社三栄商会 所長横田和幸様を講師として
お招きして来る6月24日13時より【棒もぐさの体験会】を開催したいと存じます。

☆″三栄商会様の好意により もぐさの費用など参加費は無料です。☆″

知っているつもりで知らなかった。
もぐさの正しい当て方や 圧のかけ方

もぐさは『圧』を掛けて温熱した方が奥に向かって熱が開いて届くため為 その様に行ってください。よくあるのが表面の熱を当てて温灸するかたがいるが空気を含み 熱が上がりすぎるのでゆっくりと出来なかったりして、逆に熱が入りにくい状態になるそうなので 注意です。

場所によりけりだが 『基本としては押さえて筋肉が押し返すぐらい強さでで温灸を行う』のがベスト。

温度調節の為に2本同時につけて温度を見ながら冷めないよう熱くなりすぎないようする為に置いているほうに意識を集中したりするなど、細かいテクニックについてレクチャーを受けれたりもぐさ体験の後には、自然療法に対する日頃抱いている疑問や質問、知りたかった見合った方法など 質疑応答などの機会もご用意させて頂きます。

基本のお話しと致しまして自然療法においては、肝心かなめの『肝臓』と『腎臓』を暖めて『脾臓』を冷やすそうです。

自然療法においては あまり聞かない『脾臓』の役割もウェイトをしめており
『肝臓』を血中にきれいな浄化したものを流す 上水道処理施設の役割だとして
『腎臓』は体を周った血を浄化などして要らないものをろ過、排出する下水道処理施設の役割に近い状態です。

その中、『脾臓』は肝臓腎臓がオーバーワークの状態時 冷却するために熱を溜め込む臓器だそうで

『脾臓』を冷やす事によって、体への負担を軽減するのが目的です。などなど 知ってて良かった!沢山のお話しも聞ける機会です。

体験会にはお時間は3時間程度を予定しております。

参加者10名を予定しており 定員になり次第締め切りとさせて頂きます。
なお、参加者が定員に満たない場合には開催については
見合わせる事もございますので奮っての参加お待ち申し上げます。

開催場所につきましては現時点では弊社、大阪府箕面市にて予定しております。

下記詳細をご確認ください。

【棒もぐさ体験会】

開催日時:6月24日 13時開始予定 (3時間予定)

開催場所:大阪府箕面市船場東2-1-20 ABCビル2F

最寄駅 北大阪急行 千里中央駅より徒歩20分
大阪モノレール 千里中央駅より徒歩20分

阪急バス新船場北橋より0分

ご参加ご希望の方はお気軽に0120-14-1417までご連絡くださいませ。

 

 

生活に欠かせない身近な存在のお砂糖ですが。

料理 お菓子 飲み物すべてにお砂糖が使われています。

お塩は減塩を盛んに言われていますが、減糖という言葉を聞かれたことはありますか?

お砂糖は言われていないんです。

お砂糖は肥満や、糖尿病、心臓病、高血圧症そしてうつ病などの疾患の発症に関連していて、危険性が指摘されているにもかかわらず、常習性があるために砂糖を食生活から排除するのは非常に難しいことです。

お砂糖を摂りすぎると、体内のビタミンやミネラルのバランスが崩れ 血を酸化させて血管に負担をかけます。血糖値の上昇と下昇が急激になり切れやすくなります。また、常日ごろから砂糖をたくさん摂取している人は、それなしで生活するのは非常に困難になり  ずっと食べずにいると禁断症状を起こしてしまいます。

実際私も、お砂糖は疲れをとると思っていたので、お砂糖を摂っていましたが、疲労感が増すとともに、どんどんお砂糖の量が増え、  徐々に甘さを感じなくなり、イライラしたり感情のコントロール  を失ったことがあるんです。

砂糖の取り過ぎを避けるためには

・空腹を満たすためにフルーツや野菜といった健康的な食材を食べる

・食事は炭水化物・タンパク質・脂質のバランスを取り、3食しっかり食べる

・外出する時はおなかをある程度満たしておくか、おやつを持って出る

・適度な運動をして、日光を十分に浴び、しっかりと睡眠を取る

・ストレスや心労による甘い物への欲求をコントロールする

・落ち着かないから甘い物を食べる、という習慣をなくす

 

非常に身近な存在だからこそ、自分の身体に合った摂り方を知ることが大事ですね。

 

食が健康のはじまり

毎日、わたしたちは色々な食べものに取り囲まれて生活しています。
好みや体調、欲しいもの食べたいものを自由食べることができます。

心身ともに生き生きと過ごすには、食生活は大切です。

もともと日本人は長い間シンプルな食事で健康に暮らしてきました。

一汁一菜、おかずが一品のみの「質素な食事(粗食)」の意味で
用いられていましたが、 食生活の欧米化や食べすぎ(栄養過多)、
肥満傾向、生活習慣病、「飽食」が 日本人の健康を害しているという
事実が明らかになってきました。

一汁一菜もちょっとした配慮・工夫で栄養バランスも良くなります。

最近では、むしろ良い意味の言葉とされ、健康に良い食事・献立、
として着目されるようにりました。
食が健康の始まりと考えてマクロビを始められるお客様も増えました。

特に毎日使うお味噌は、コレステロールを下げる、素晴らしい健康食品です。

最近人気の商品の中で

マルカワのお味噌は、オーガニックで天然醸造のお味噌によって心も体も
ローコストで健康になれます。
自然とご飯とお味噌汁の食生活は低脂肪で主食と副食がバランスの良い
食事にもなりますし、お味噌はいいことづくしです。

『限りなく自然・天然に近い素材と製法を用いた味噌作り』国産無添加
自然栽培のお米からできた安心で温かみがあり、優しいお味噌です

どんな具材とも相性がよく、大豆の味を残しつつ具材の味を引き立ててくれます。

・米みそと違い、麦の香りが非常に良いお味噌です。
URL http://www.kenkousupport.com/item/27636.html

・手作りの楽しさと自分流のおいしさを味わえます。
URL http://www.kenkousupport.com/item/27701.html

【※一部オーガニックではなく、国産のものがございます。】