東城百合子先生の 卒寿のお祝いの講演会に行ってきました

東城百合子先生の 卒寿のお祝いの講演会に行ってきました。
卒寿(そつじゅ)とは聞きなれない言葉ですが、90歳のお祝いの事で
人間の業(ごう)を卒業する年齢でもあるとの事です。

東城先生がお考えになっている『自然療法』とはお天道様(自然の理)に準じて
命をあるものを頂くので感謝の念を持ち正しく生きて行くライフスタイルそのものを
指してらっしゃるようにお見受けするので 業を解脱した方からお話をお聞きすると
説得力が非常にある講演会でした。
先生曰く、ご病気の方がいらっしゃいますが 『ご病気』を治さず
ご本人の『根性』をお治しになるとおっしゃってました。

それを表すお話しに東城先生の相談などは予約制なのだけど、
「自分は病気だから」と言う理由で
他の方を押しのけて相談を受けようという方に
その考え方だから病気になると ピシャリとおっしゃって
順番でお待ちいただいてその後相談をお受けした事などもあったそうです。

弊社の考え方としても、病気の元を断つには 腸内環境を考えて頂いて、その他ライフスタイルの見直しを提案させて頂いてますので 通じる所があると感慨深く聞かせて頂きました。

 

スタッフ 加藤

ブラジルのお茶 お喜びの声

今まで胃がんでブラジルのお茶を飲まれていたお母さまが昨月にお亡くなりになったそうです。

大変ショッキングなお知らせでして、お悔やみを申し上げさせて頂いたら
ブラジルのお茶飲んでいたので最後自宅に2週間だが帰ることもできて家族の時を過ごせたので良かったというお声を頂きました。

その為 現在はお母さまが飲んでいたものをお兄様が飲まれて体調がよいとの事で今回再度ご注文頂き今後もご注文したいとの事でうれしいご注文を頂きました。

スタッフ 松本

 

三井温熱器3を2週間ためしてみました。

温熱器を購入したお客様が使ってすぐ「顔のホウレイ線が消えてすごくよかった」
「トイレの回数が増えた、それは代謝が良くなったからかな」といったような感想を頂いていましたのでめちゃくちゃ期待に胸をふくらませてスタッフ渡辺から三井温熱器3を借り使ってみました。

肩から腕にかけての痛みがひどく毎日湿布のお世話になっておりました。
仕事がらパソコンは絶対、よせばよいのですがスマホでゲームをついやってしまい痛みが慢性化してました。ひどい時は頭痛も併発する具合でした。

初日ですが説明書通りにやってみましたが当て方のコツなどさっぱり分からず上手く使いこなせず  あれ? 大丈夫かなと思いましたが、やって行くうちにだんだん慣れてうまくあてれるようになりました。

最初は低い温度から始めました。低い温度ですが熱く感じました。
2日から徐々に温度をあげていき3日目には高温86℃でお手当できるようになってました。

まず私の場合は鎖骨リンパから始め、顔、首、背中、肝臓部といった感じであてていきました。

鎖骨部のリンパの流れをよく一番最初によくしておかないと、他のリンパの流れが良くなっても老廃物が排出できないそうで、鎖骨リンパから始めるのはとても重要なそうです。

結果としてホウレイ線は、正直な所若干なくなったような感じでした。
その他には肩に関してはすごくましになり、湿布なしで楽に過ごせました。

特に背中をあてると、特に気持ちがいいです。一人でも十分出来ますが、やはり誰かにしてもらうともっと気持ちがいいのではと思ってしまいました。
私の場合やってもらえる人が悲しいですがいませんでした。
また感想をつぶやかして頂きます。

 

スタッフ 松本