黄金ウコンを粉末にしました

黄金ウコンは、ショウガ科の植物で、名前のとおり黄金色(オレンジ色と言ったほうが良いかも知れません)をしています。高槻農園では三年ほど前から、春ウコンの栽培をしていますが、黄金ウコンの栽培は今回が初めてです。

ウコン粉末

左春ウコン 右黄金ウコン

ウコンスライス

黄金ウコンのスライス

ウコンの種類は約50種類ぐらいあるそうですが、一般的に知られているのは春ウコン、秋ウコン、紫ウコンなどです。その中で黄金ウコンは、ウコンの主成分であるクルクミンの含有量が、通常のウコンの20倍位多いということです。 これは、種ウコンを買ったときの袋に、宣伝文句として書いてありました。

このクルクミンの作用によって、二日酔い防止に効果があり、また、抗酸化作用による老化防止や、殺菌作用による胃炎の予防効果などがあるそうです。その他に、ガン予防にも効果があるといわれていて、非常に優れた健康食品といえます。

黄金ウコン

黄金ウコン

収穫した黄金ウコンは、種ウコンとしても、保存していますので、今年は黄金ウコンの植付けを、春ウコンと同じくらいに、増やそうかと考えています。

ニラの花

ニラ花1

ニラの花の様子

ニラは、ユリ科の多年草で、年に2~3回収穫でき、栄養価が高く、スタミナ野菜として重宝されています。高槻農園では、ニラが、とう立ちをして花が咲きました。(花期は8~10月のようです)  ニラ花というそうですが。 白い小さな花で、可憐な美しい花です。

ニラ花

ニラの花

この、とう立ちした花茎も、炒め物などにして食べられるそうです。

株のためには、花芽が伸びてきたら、花が咲く前に、茎を切って収穫してしまう方が良いということですが、何となく、切ってしまうのが惜しい気がして、ためらっているうちに、写真のような状態になってしまいました。

花茎が真っすぐに伸びて、その頂部に白い清楚な花が沢山ついて、風に揺れている様子は、畑の中でも、なかなかの風情があります。

観賞用の、花にらもあるようで、ネギ科の花にらは、野菜の花ニラと良く似ていますが、食用ではなく、有毒で、食べると下痢をするらしいので注意が必要です。

アーティチョークの花が咲きました

アーティチョークの花

アーティチョークの花

アーティチョーク(別名、朝鮮あざみ)の花が咲き始めました。キク科の多年草で、地中海沿岸が原産地です。別名が、朝鮮あざみということで、なるほど、あざみの花に良く似ています。直径10~15センチ位の大柄な紫色の花です。日本のあざみの花のほうが、華奢で、可憐な感じがします。

アーティチョークの花

花の様子

古い昭和の歌で、「あざみの歌」というのがあります。

「山には山の愁いあり、 海には海の悲しみや、 まして心の花園に、 咲きしアザミの花ならば」 歌詞の一部ですが、あざみということばを聞くたびに、この歌が思い出されます。なんとなく、風情のある花であります。