青パパイヤの力

私の知り合いの、67歳の現役薬剤師の方が「(青パパイヤ発酵食品)を飲むと元気になる!」と言われていました。薬剤師の方が言われるくらいだから、安心で効果があるものなのだろうと思い、その効果を調べてみました。

当社でも青パパイヤ発酵食品を扱っています。青パパイヤを丸ごと使った発酵食品として人気の商品たちです。

 完熟のパパイヤではなくて、青いパパイヤが良いのには理由があります。

なんと青い方が熟したパパイヤよりも酵素量が10倍あるのです。酵素の多いことで知られるパイナップルと比べても6倍の酵素量があります。

熟すにつれてパパインというタンパク質分解酵素量が減っていくそうです。

パパインには三大栄養素(タンパク質、糖質、脂質)を分解する酵素が含まれています。

どんなに栄養を取っても酵素によって分解されて体の中で吸収されなければ意味がないので、酵素は重要な働きをしてくれます。

パパイヤは食物酵素の中でも、「酵素の王様と言われています。

通常、食物酵素は熱に弱く、42~48℃で壊れてしまうそうですが、青パパイヤは南国の野生で育ちぬき、100℃でも壊れないそうです。

また、青パパイヤにはポリフェノールが赤ワインの7.5倍も含まれています。ポリフェノールは活性酸素(ストレス、喫煙、大気汚染、農薬など)を除去し、生活習慣病対策に役立ちます。

このように、たくさんの効果があることから「メディカルフルーツ」と言われています。メディカルとは、医学の、医療のという意味があるそうなので、青パパイヤは栄養豊富なフルーツという事ですね。

当社で扱っている各社の青パパイヤ発酵食品の違いですが、特許を取得していたり、モンドセレクション金賞受賞していたり、産地にこだわり自社農園を持っていたりと商品、会社によって、こだわり所や金額が違うようです。自分が何を重視しているかによって、どの青パパイヤ発酵食品を選ぶかを決めることが出来ますね。

皆様もぜひ、青パパイヤの力を試してみてはいかがでしょうか(^▽^)/

スタッフ 織田

 

 

 

三井温熱の定例公開セミナーに参加しました

三井温熱の定例公開セミナーに参加しました。

温熱についての臨床報告よりも 『未病(※病気と言うほどではないけれど、健康でもない状態のこと)』についてや口腔内のケアを行う事によって病気になる確率が減る事などの報告などありました。

160904_1430~01

(※写真は、スタッフ加藤『左』と高木 幸江(たかぎ ゆきえ)代表取締役『右』)

先生方の為になるお話しはまたの機会にお話させて頂く事として
プログラムの最後に三井温熱さんが出されいる商品の体験会がありました。

よくある温熱器や巻けるマットCAON(カオン)お湯を循環させる宝睡∞などある中
今回一番の肝いりとしての 『ナノカーボン 温熱ヘッドカバー』の体験がありました。

160904_1624~02

こちら商品としては 従来の三井温熱器2や3のヘッド部分に装着するアタッチメントになっており着けることによって今まで使用方法が一変するものになっています。

今までの温熱器はヘアアイロンが起源の為 本当にアイロンをかけるように
撫でてつかっていましたが、ヘッドカバーは直接温度を体に伝える仕組みとなってるそうです。

使い方は 三井温熱器3の場合は設定を『3(温度62℃)』でご使用頂いて 温度などは高温で使用しても良いとの事ですが、ただ粗熱が出るようなのでその際は使用する前に服の上などから当てて頂いたりして取る必要があるとの事です。

私は温熱療法師の方にやってもらって 大変気持ち良かったのですが
高木社長が1年の試行錯誤を重ねてデータをとり作成されたとの事なので
重篤ながんなどの方がされた時に効果あるのかを気になり
三井温熱さんに確認させて頂いた所 データはアンケートデータで残念ながら解析したものでは無いとの事でした。

後、ご参考までにガンの方を多く施術されている先生に三井のヘッドカバーを使った感想を伺ってみましたが残念でしたが温度が温度が入り難いとの事でした。その他には、当店でもスタッフでの話しであがりましたが、がんなどの施術を目的に行うならホルミシスなどあるパッドの方が有益では無いかなどの意見もありました。

ともあれ『未病の改善』には血流を改善し、この体本来の治る力を高めることが大切なので
今までの温熱法と違って ゆったりと気持ちよく 温熱ができるすぐれたアイテムでした。

弊社にて お試しできるレンタルなども行ってますので 是非ともご体験ください。

スタッフ 加藤

松成分の犬用サプリ

8匹の犬を飼っていらっしゃって、3年前ぐらいに当時10歳だったわんちゃんが、「あと3か月程で失明する」と言われ、あるサプリが良いと聞き飲ませ始めたところ、1年過ぎたぐらいまでは見える中で生活できたので、少しは効果があったように感じてるとの事でした。

またその様な中、心臓が悪いワンちゃんにも飲ませたところ、現在も問題なく元気に過ごされているそうです。

その他にも、ワンちゃん達の為にサプリを飲ませてらっしゃいますが、こちらの品については抗酸化作用や血液の流れを良くするために続けて行こうとお考えだそうです。

スタッフ 西川