TVで放送された大人気商品!「もち麦」情報・炊き方・簡単レシピ

月日が経つのは早いもので、あっという間に1年の半分が過ぎようとしていますね。

大阪では雨が降ったり止んだり不安定なお天気ですが、みなさまお住まいの地域はいかがでしょうか。

6月はジメジメとしていて気分も沈みがちですが、おいしいものをたくさん食べて今年も元気に梅雨を乗り切りましょう!

最近当店にご注文頂いてます商品の中で、特に人気がありますのが 「もち麦」 です。

TVでも、「腸内環境を整える」「ダイエットに効果的」との紹介があり※1、注目されている食品です。

健康食品などでよくある「現在の生活習慣にプラスで取り入れる」商品とは違い、現在の白米100%のご飯を白米1:もち麦1に換えるだけ、ご飯好きにも満足できるもっちりとした炊き上がり、など、どなたにでも取り入れやすい商品となっており、大変おすすめですよ!!

■創健社 「もち麦」(米粒麦) 内容量:630g

※現在予約注文受付中です。2016年6月中旬入荷予定※

http://www.kenkousupport.com/item/33408.html

特徴

〇希少な国内産(埼玉県産)のもち性大麦を、食べやすい米粒麦タイプに加工しています。食物繊維がたっぷり含まれており、(ごぼうの約2倍です!)その中でも注目の大麦βグルガン※2が豊富に摂取できます。

〇国内で生産されている大麦の約99%は「うるち麦」と言われる品種で、もち性大麦は非常に希少です。

〇ご飯に混ぜて、茹でてお料理に。大麦をお米に近い形に加工しているため炊飯時にも麦が目立たず、違和感なくお召し上がりいただけます。

100g当たりの分析データ

エネルギー・・・357kcal
タンパク質・・・8.2g
脂質・・・1.4g
ナトリウム・・・2.5mg
糖質・・・68.6g
食物繊維・・・9.4g
水溶性食物繊維・・・7.5g
不溶性食物繊維・・・1.9g
β-グルガン・・・7.2g

■オーサワの有機もち麦  内容量:150g

http://www.kenkousupport.com/item/20712.html

特徴

〇大変希少な国内産(熊本県産)の有機栽培もち性大麦になります。

〇他のもち麦と大きく違うのは、未加工(精米)の状態で商品化されている点になります。お米でいうところの「玄米」の状態ですので、色も茶色く、特徴的な商品になっています。

〇マクロビオテックの「一物全体※3」の考えに基づいた商品になっており、食に対して特にこだわりを持った方にお勧めです。

〇玄米に1~2割混ぜ、通常の水加減よりやや多めにして炊いてください。
もち麦を30分ほど水につけた後、柔らかくなるまで茹で、スープやサラダなどに加えて頂くのもお勧めです!

〇もちもちした食感でほんのり甘く、皮つきならではの風味もありますが、雑穀特有のにおいもクセも少なく、本当に食べやすいです。もちもちとした食感は、クセになりますよ!

※1
2016/3/29放送 フジテレビ3時間特番 「その原因、腸にあり!~肥満!便秘!肌荒れ!花粉症!あがり症!お悩み解消SP~」でもち麦が紹介されました。

※2
大麦βグルガン・・・食物繊維には「水に溶ける」タイプ(水溶性)と「水に溶けにくい」タイプ(不溶性)の2種類があり、それぞれが異なる働きをしています。ほとんどの野菜に多いのは「水に溶けにくい」タイプとなりますが、「大麦β-グルカン」は水に溶ける食物繊維の1種です。
大麦は、私たちが食べる部分である「胚乳」と呼ばれる細胞に大麦β-グルカンをたっぷり含み、精麦されてもその栄養価が損なわれることはありません。そのため、おいしく食べられるように工夫された加工食品からも、大麦β-グルカンを手軽にたくさん摂取することができます。

大麦に含まれている大麦β-グルカンには、「糖質の吸収を抑える」という凄い健康パワーがあることをご存知ですか?
大麦β-グルカンは、水に溶けると水分を吸収してゼリー状に固まる性質があります。
ゼリー状態となった大麦β-グルカンは、胃の中にある食べ物を包み込んで、消化器官をゆっくり移動します。
そのため、糖質の吸収をゆるやかにしてくれるのです。
大麦β-グルカンの健康効果は、世界中で注目されています。

具体的には、1日3000mgの大麦β-グルカンを摂ることができる健康的な食べ物に対して、米国では「冠状動脈心疾患のリスクを下げる」効果を表示することが認められています。

日本でも、健康食品の普及啓発活動を行う日本健康・栄養食品協会が「コレステロールの正常化」「食後血糖値の上昇抑制」「満腹感の維持作用」について効果があると評価しています。

※3
一物全体・・・根付き、皮つきで食べる状態。「一つのものを丸ごと食べる」という意味です。
一つのまとまりのあるもの(種子、実、葉、根など)は、いろいろな面でバランスがとれている上に、まとまっていることによる、何か特別の働きが期待できます。特に種子や実は、そのまま次の世代を生み出せるほどですので、バランスのよい、生命力に満ちた食べ物としてとらえています。

大麦の各国における健康強調表示

■米国・・・血中コレステロール低下による冠状動脈心疾患のリスク低減(β-グルカンとして1日3g以上、β-グルカンとして0.75g以上含む食品)

■カナダ・・・血中コレステロール濃度の低減(1日3g以上、1g以上含む食品)

■欧州連合
大麦βーグルカン・・・血中コレステロール低下による心臓疾患のリスク低減(1日3g以上)
大麦・オーツ麦のβーグルカン・・・食後血糖値の上昇抑制(1食中の糖質30gあたり4g以上)
正常な血中コレステロール濃度の維持(1食あたり1g以上
1日3g以上)
大麦由来の食物繊維・・・糞便量の増加(100g中6gの食物繊維を含むパン製品、もしくはβーグルカンとして1日3g以上)

■オーストラリア/ニュージーランド・・・血中コレステロール低下(1食あたり1g以上
1日3g)

■韓国・・・正常な腸機能の維持(食物繊維として、1日25~30g)

■■もち麦は朝食にお勧めです■■

特徴の項目でも記載しましたが、大麦β-グルカンは、水に溶けると水分を吸収してゼリー状に固まる性質があります。
そのため、食後の糖質の吸収が53%抑制されることが報告されています。
しかも、朝食の直後だけでなく、昼食や夕食の糖質吸収を抑えることができると言われています。

■■試してみました(創建社 もち麦)■■

白米1.5合:もち麦1合で炊いてみました。

※もち麦1合は、軽くさっと水でゆすいで水を切ります。
もち麦1合に対して、水300mlを入れ、30分ほどおいておきます。

30分水につけておくと、約1.5倍に膨らみます。

もち麦1

※白米はいつもの水分量で、その中に水を含んだもち麦をそのままあわせます。

※いつも通りに炊いてください。

※炊き上がったら、いつもより多めに蒸らすようにしてください。(約10分ほど)
もち麦2

※もち麦が水分を含んで膨らみますので、上記分量で約3合ほどの量が炊き上がりますよ!

※※上記レシピを参考に、お好みで水加減は調整してくださいね※※

食感はもちもちプチプチしており、若干の麦の香りがするものの、ほぼ違和感なく白米の代用品として食べることができました。
夜に炊き上げたもち麦を朝に食べたり、お弁当にも使用しましたが、もっちり感は冷めても感じられるので、とてもよかったです。
試した配分量ですと、おにぎりも問題なく作れました!

残ったもち麦は、冷凍保存もできますし、チャーハンやリゾットにも活用できます。
特にリゾットは、煮詰めてももち麦のプチプチ感は続きますので、お勧めです!

【簡単チーズリゾット】
※コンソメ150ml、牛乳150ml、もち麦をお茶椀1膳分お鍋に入れ、焦がさないように煮詰めます。
※とろりとして来たら、粉チーズ(お好みの分量)、スライスチーズ1枚を入れ、塩コショウで味を調えます。
(こしょうは粗びきタイプがおすすめです。量を多めにすると、味が引き締まりますよ!)

 

↓↓↓↓↓もち麦の商品ページはこちら↓↓↓↓↓

オーサワの有機もち麦 150g
http://www.kenkousupport.com/item/20712.html

創健社  もち麦(米粒麦)630g
※現在予約注文受付中です。2016年6月中旬入荷予定※

http://www.kenkousupport.com/item/33408.html

 

温熱の体験を経て

健康サポー専門店の渡辺です。
先日、温熱療法のお店を京都で営んでいらっしゃるお客さまに
実際に施術をしていただきました。

私自身、5歳(約25kg)の娘を持つ母親で家に帰れば抱っこが多く
一緒に遊ぶことで運動にはなりますが膝への負担が多い日々でした。

その事を告げた上で足の施術をしていただくと立ち上がった瞬間に
足が軽く、違和感が軽減されるどころか全くといって良いほどに
膝の痛みもありませんでした。
改めて温熱の効果を実感するとともに、マッサージ等で体を動かす
事によって錆びた体に熱というオイルを注熱することが効果的な
結果を生み出すものと身をもって体験させていただきました。

問題はその2日後です、あれだけ軽かった体が徐々に軋み始め、
足のだるさが戻ってきたのです。
続けることの大切さ、長年蓄積された体の負担は腸内環境と同じ
一日だけで改善されるのではなく長く無理をさせた分、毎日丁寧に
向き合ってゆかなければと改めて実感させられた今日この頃です。

暑い夏に入ってまいりますが、それに伴い冷房などの手ごわい夏冷え
で悩まされる方も増えてくるかと思います。
日頃の温熱で今から夏冷えの対策をしてみてはいかがでしょうか。

さまざまな効果が期待される梅肉エキス

毎年冬に猛威を振るうインフルエンザウイルスの増殖を抑える成分が発見されるなど、健康づくりの力強い味方として根強い人気がある「梅肉エキス」。梅肉エキスは古くから下痢や食中毒の特効薬としても用いられたほか、殺菌効果、血液浄化、体力増強、疲労回復などの効能もよく知られています。さらに最近は、この梅肉エキスが持つ抗がん効果も注目されています。

果物などを食べると感じる”酸味”は、有機酸が含まれているのが原因です。酸味が強い果実として代表的な存在である梅ですが、この梅に最も多く含まれている有機酸はクエン酸です。

クエン酸には食べたものをエネルギーに変える働きを助ける効果があり、エネルギーをつくる一連の働きは「クエン酸サイクル」と称されています。これはドイツの化学者ハンス・クレブスによって発見され、クレブス博士はこの功績によって1953年にノーベル医学生理学賞を受けました。

クエン酸サイクルは複雑な生化学反応です。クエン酸はクエン酸サイクルを活性化してエネルギーを効率良く生む働きを持ち、このサイクルが働かないと、細胞はエネルギー切れの状態になります。

人のがん細胞ではこのクエン酸サイクルの動きが悪くなっていて、がん細胞のクエン酸サイクルを活性化するとがん細胞が死にやすくなるといわれています。
このため梅肉エキスによってがん細胞と正常細胞のクエン酸サイクルを活性化することで、体を元気にしてがん細胞を死滅させることができると、効果が期待されています。

一方、自然食・自然療法研究家の東城百合子先生は著書「家庭でできる自然療法」(あなたと健康社刊)で梅のクエン酸について次のように言及しています。

「梅の実にはクエン酸が多くアミグダリンといって、ガンによいとさわがれているビタミンB17(ビワの葉に多い)を多くもっています。毒消しや殺菌力が強く、細胞に活力を与え、カルシウムの吸収を助け、腸の有効菌を育てる。血液浄化をして疲労回復をする大切なものです」。

また同書では、梅肉エキスの家庭での作り方や使い方を紹介していて、「これ一つあると、たいていの病気は大事に至らずにすみます」と、各家庭で梅肉エキスを常備しておくことを勧めています。

抵抗力、治癒力高めるクエン酸

このように梅肉エキスに含まれるクエン酸は、健康づくりに大きく役立ちます。

クエン酸などの有機酸は、人の体に必要な必須ミネラルの吸収を高める作用があります。多くのミネラルは単独では腸からの吸収率が低いのですが、有機酸と結合すると小腸からの吸収が良くなるということが分かっています。
梅肉エキス自体に含まれる豊富なミネラルと、その吸収を良くするクエン酸などの有機酸の相乗効果によって、体の抵抗力や治癒力を高める効果を発揮します。

血液を弱アルカリに保つのに適した梅肉エキス

健康であるためには、血液を常に弱アルカリ性に保っておくことが重要で、血液が酸性になるとイライラして神経過敏になり、抵抗力や治癒力も弱まります。
酸味が強い梅肉エキスは酸性食品のように思われますが、実は強力なアルカリ性食品です。
梅肉エキスのクエン酸は、クエン酸サイクルを活性化することによって乳酸の生成を抑え、体が酸性に傾くのを防ぎます。

私たちの身の回りにある食品のほとんどは酸性の食品です。このため強いアルカリ性を持つ梅干や梅肉エキスをはじめ、野菜や海藻類などの”アルカリ性食品”を摂るように日頃から心掛けることは、食生活のバランスを保つためには重要といえます。

●参考引用
・「漢方がん治療」を考える(銀座東京クリニック院長・福田一典先生)
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic

・「家庭でできる自然療法(改訂版)」(東城百合子先生著 あなたと健康社)

・ライフ・イズ・マクロビオティックVol4(日本CI協会発行)