新しい療法に躊躇する心【健康マイスター通信】

様々なガン抑制の研究がなされています。治療法として厚生労働省が認めているものや、有償治験薬として使用されている丸山ワクチンのようなもの、日本では民間療法とされているが、欧米医療先進国では認知されているものまで数多くの療法が行われています。
外科手術・抗がん剤・放射線治療のいわゆる3大治療の限界も日本以上に欧米医療先進国では取りざたされているのです。それでも、多くの日本の患者様は3大治療の道へ進むのは何故でしょうか。

他の疾患で比べると。

例えば、メンタル不全に対応するカウンセリングの国家資格はありません。唯一、医師の診療の中で同様の行為が行われているだけです。他には、(準)公的資格として、心理相談員、産業カウンセラー、臨床心理士等があるだけです。

つまり、誰でもカウンセリングを行うことができるのです。
町でよく見かけるカイロプラクティックも、アメリカでは国家資格ですが、日本では様々な団体の認定資格に過ぎません。

ガンの場合は3大治療以外の道を勧める医師の数は少ないのが現状です。どうにも、日本人の多くは、お医者「様」、教授「様」の権威に弱いところがあるようです。

 

何を信用するのか。

免疫療法、食事療法等々、代替療法と呼ばれるものがありますが、権威のないものしか信じないという気持ちは、「まやかしに引っかかったら、大変だ」、の裏返しとも考えられます。
けれども、3大治療では部位によっても異なりますが、全ガンでは5年生存率は50%ほどであることもデータで読み取れます。

3大治療に、問題があったとしても、知人の進める代替医療が偽者ではないという保証がどこにあるの、騙されているのじゃないのと、思ってしまうのは仕方がないのかも知れません。
健康雑誌で、「私は、これで治った」という記事も、やらせではないかと思う人も多いようです。
エビデンスのあるものを紹介することが必要です。

 

効果と副作用。

漫才や落語を聞いて、大笑いをすることで免疫細胞が活性化するかどうかの実験が、数多くなされ、成果が発表されています。大笑いでNK細胞が活性化されたのです。理由はいろいろと考えられております。それは以下のようなものです。

大笑いは内臓を含めた、全身の運動とも考えられ、ジョギングのような適度な運動効果をもたらし、且つリラックスすることにより、自律神経系の安定があるのではないか。
大笑いは、脳内のエンドルフィンを増加させ、痛みを忘れさせ、免疫力を低下させる心身のストレスを、改善させるのではないか。

その逆に、涙を流すような大泣きと免疫力についても、研究がなされています。涙腺は副交感神経の支配を受けています。号泣でも、免疫力のアップが確認されています。

まずは無理せず、身体に問いかけてみませんか。治療と考えずに身体に良いことをやってみませんか。難行苦行がつづくわけがありません。お釈迦様でも6年間の難行苦行よりも、悟りを大事になさったわけです。

せっかく、見つけてきた代替医療を受け入れてくれないと悩むあなたに、お薦めです。
声掛けに代替医療、食事療法などといっても、信用するはずもないという問題への対応は、気づかないうちに取り込ませることかも知れません。

人参嫌いの子供に、食べさせるために工夫を重ねたではありませんか。それには、水や食から入るのがスムーズです。そしてどうにかして笑ってもらう!それからでもすばらしい進歩であり、治るきっかけ・可能性を手伝っているといえると思います。

 

心のコリは身体のコリ。身体のコリは心のコリ【健康マイスター通信】

適度な運動で生活習慣病とメンタルヘルス不調対策を。

健康になる方法はとても簡単です。健康になるために、私達は何をすればいいのでしょうか?普通の健康な生活をすれば良いだけです。早寝早起きし、食べる量を節制して、適度に運動し、いつもニコニコ笑っていればよいのです。

「健康な生活をしている人は健康で、不健康な生活をしている人は不健康」。当たり前のことです。

運動についても、量に捉われることはありません。1日10分でも良いのです。大切なのは毎日続けることなのですから。

ライフスタイルを改善できる身近な方法は、達成感と自分に対するご褒美です。達成可能な目標からスタートです。

メンタルヘルス不調の気づき

メンタルヘルスの不調は他覚的に数量的に現すことは難しいとされてきましたが、最近では数量的に調べることができるようになってきました。
それはさておき、自覚的な気づきがまず肝心であるはずなのですが、気づきは身体的なものばかりとなっています。

メンタルヘルスと脳快と運動

メンタルヘルス不調は脳内物質の変化をもたらします。逆に言えば、脳にアプローチすることによって改善できるのです。その一つの要素が適度な運動習慣なのです。大切なことは、「自分の好きなことをする」そして、「身体を動かすこと」です。身体を動かさないことは、脳に良い影響を与えません。

身体を動かすと、結果として、座る・立つ・手や足を使うなど、多彩な脳の働きを訓練することになります。特に大切なのが、手足を動かすことで、前頭前野がよく働きます。また、手の指の腹を刺激することが運動野と運動前野に好影響を与えます。

それに加えて、口を使って人と話をすることです。人と話さないと、話す能力と同時に、話を理解する能力や、相手に伝える能力も衰えてくるのです。

好きなことをすることは、気持ちのよいことに繋がり、気持ちの良いと感じることが、海馬や前頭葉を発達させ、結果として脳全体をよくするのではと考えられるからです。

健康マイスター通信より抜粋

老化・エイジングとは【健康マイスター通信】

老化とは、①フリーラジカルなどによる酸化作用によって錆びる、②内分泌変化によりホルモン等の減少によって萎む、③神経細胞の減少、④生きがいを失って後ろ向きの志向になって風化するなどの現象の総称です。

その中で、一番重要なことは、精神的弱体化・風化するという面です。高齢化するにしたがって、生きる目的を失い、精神的な弱体が始まります。「病は気から、老化も気から、綺麗も気から」なのです。

「さまざまなホルモンが抗加齢に作用しています」

メラトニンは睡眠を司り、抗酸化作用もあるホルモンです。脳の中心部にある松果体から分泌されるホルモンで、体内時計のリズムを司り、睡眠を促して身体を休ませる作用をもっています。免疫系を刺激し、感染症にかかるリスクを低下させます。血中コレステロール濃度を低下させます。抗加齢にはメラトニンの分泌を促す必要があります。

神経系・内分泌系・免疫系、全てが老化していきます。メラトニンも、また老化に重要にかかわっているホルモンです。メラトニンの分泌を促す方策が大切です。

「ヒト成長ホルモン」

ヒト成長ホルモンは、人間にとって最も基本的で重要なホルモンの一つで、年を重ねても分泌されています。適度な運動は分泌促進の作用があります。睡眠中に視床下部から送られる刺激と抑制のシグナルに応じ生成・分泌されます。夜中に寝ている時に分泌されるのです。

筋肉の修復にも働いていますが、骨・皮膚・肝臓などの臓器の十分な成長を促す、つまり、身体の組成をつくりあげる作用を司っています。適切な健康状態を保つには、レベルの低下を防ぎ可能な限り分泌を高めることが重要です。

「DHEA」

DHEAは、免疫システムを強化して、感染症、癌、或いは骨粗しょう症などの発生頻度を下げる働きがあるだけでなく、ストレス抵抗性ももたらすホルモンです。

霊長類だけが生成するステロイド系ホルモンで、全てのホルモンの源とさえ言われています。血中コレステロール値を安定させたり、様々な生活習慣病の発症予防にも関連しています。 ところが、30歳頃から急激に減少するのです。

健康マイスター通信より抜粋