『人生が変わる腸のお話』という田中保郎先生の講習会に参加させて頂きました。

田中保郎先生と言えばNHKで腸内フローラが取り上げてられてから 引っ張りだこの先生ですが著書には『腸が変われば人生が変わる 驚異の腸内フローラ』や『東洋医学考根論―小腸はからだの根っこである』などありますが

今回は『考根論や発酵ついて』についてのお話でした。

先ず 最初にTVの番組で 心臓を移植した患者の趣味や趣向が代わったというVTRを拝見させていただきました。

ちょっとオカルティックな分野と思ってしまいますが田中先生自体が移植をなさる他の外科医にお尋ねになったところそういった現象は実際に起こっているそうです。

じゃあどうやって 情報を伝達しているの?との話になりますが
内臓の移植などについては神経などは接続していない(多すぎて接続できない)のですがそれは【基底顆粒細胞:きていかりゅうさいぼう】という消化器官に存在するホルモンを分泌するのでそれを利用して神経が有線だとしたら基底顆粒細胞は携帯の電波のように無線でやりとりをしているとのお考えでした。

元々動物が進化の歴史として本来は、腸管しかない生き物が効率よくエサを得たりエネルギーを得る為にその他の器官 肝臓であったりすい臓であったり脳であったりを作っていったので脳が一番えらいように考えられているが腸が第一の器官でそれに順ずるものでしかないとの事です。

それを証明するような研究、発表などは藤田 恒夫先生(日本の解剖学者、内分泌学者。新潟大学名誉教授)『腸は考える (岩波新書)』やミトコンドリア博士の異名をもつ西原克成先生など多くの先生方が提唱しているとの事です。

それを踏まえて 例え話で言うなら 植物などが病気になった際にまず何処を疑うのか!?

葉の病気などありますが、木が枯れたりすると多くの人間は『根』を疑うと思います。

その植物の根ですが栄養を吸収する器官ですが 動物においては根を体内に取り込んで腸として活動をしています。

加えて その腸ですが、田中先生は糠床(ぬかどこ)に例えられていて よい発酵を行う為に水分が多くても良くないし、空気など適当になければ良くなくカビが生えたりする状態は病気の体と一緒とのお考えでした。

ちなみに発酵には5段階あり

発酵過程は【乳】→【酪】→【生蘇】→【熟酥】→【醍醐】の順番であるとおっしゃており。

これを発酵食品に照らし合わせると
【乳】→乳、大豆、米 (発酵の元になるもの)
【酪】→ヨーグルト、納豆、甘酒 (発酵の簡単な状態のもの)
【生蘇】→バター、チーズ、味噌、醤油、酒 (多少温度管理など必要なもの)
【熟酥】→ブルーチーズ、熟成チーズ、熟成味噌、酢 (難しい温度管理が必要なもの)
【醍醐】→醍醐 (厳密な管理が必要なもの)

で、一番良いとするのは醍醐という状態で 腸内を良い状態に保つには 段階が高いものが好ましいとお考えでした。

根を治すという考え方については 実は根治治療は東洋医学の考えかたで 西洋医学は皮膚や目や鼻や心が病んだ場合は 皮膚や目や鼻や脳が原因と直接的に考えるので
それらの行き詰まりが 現在の難病を生んでいるとお考えておられてます。

実際の体験談の一つとして、重度のアトピーでお困りの方が多くの病院でさじを投げられて田中先生の元にお尋ねになられたのですが、そのときに行った事が 東洋医学でお腹を調べてそれに見合ったお手本通りの漢方を処方しただけとの事でした。

その当時田中先生も一抹の不安もあったそうですが 見る見るうちに症状が改善して
1週間程度で見目も問題ない状態なり ご本人は勿論ご家族からもえらく感謝されたそうです。

私自身 数年前より根治治療や未病など良く耳にしたりしますが 脳が腸の下位にあたる器官であるとの事にショックをうけましたが 目からウロコのお話しで確かに人生が変わる腸のお話でした。

スタッフ加藤

もぐさの体験講習会in大阪 2016年6月24日開催予定

風薫る季節となりました。いかがお過ごしでしょうか。

もぐさのお手当を普段ご利用にされている方はご存知かと存じますが。
もぐさは血中に綺麗なサラサラの血を流すのが目的であり、自然治癒力を高めるのが狙いです。

そのもぐさのメーカである有限会社三栄商会 所長横田和幸様を講師として
お招きして来る6月24日13時より【棒もぐさの体験会】を開催したいと存じます。

☆″三栄商会様の好意により もぐさの費用など参加費は無料です。☆″

知っているつもりで知らなかった。
もぐさの正しい当て方や 圧のかけ方

もぐさは『圧』を掛けて温熱した方が奥に向かって熱が開いて届くため為 その様に行ってください。よくあるのが表面の熱を当てて温灸するかたがいるが空気を含み 熱が上がりすぎるのでゆっくりと出来なかったりして、逆に熱が入りにくい状態になるそうなので 注意です。

場所によりけりだが 『基本としては押さえて筋肉が押し返すぐらい強さでで温灸を行う』のがベスト。

温度調節の為に2本同時につけて温度を見ながら冷めないよう熱くなりすぎないようする為に置いているほうに意識を集中したりするなど、細かいテクニックについてレクチャーを受けれたりもぐさ体験の後には、自然療法に対する日頃抱いている疑問や質問、知りたかった見合った方法など 質疑応答などの機会もご用意させて頂きます。

基本のお話しと致しまして自然療法においては、肝心かなめの『肝臓』と『腎臓』を暖めて『脾臓』を冷やすそうです。

自然療法においては あまり聞かない『脾臓』の役割もウェイトをしめており
『肝臓』を血中にきれいな浄化したものを流す 上水道処理施設の役割だとして
『腎臓』は体を周った血を浄化などして要らないものをろ過、排出する下水道処理施設の役割に近い状態です。

その中、『脾臓』は肝臓腎臓がオーバーワークの状態時 冷却するために熱を溜め込む臓器だそうで

『脾臓』を冷やす事によって、体への負担を軽減するのが目的です。などなど 知ってて良かった!沢山のお話しも聞ける機会です。

体験会にはお時間は3時間程度を予定しております。

参加者10名を予定しており 定員になり次第締め切りとさせて頂きます。
なお、参加者が定員に満たない場合には開催については
見合わせる事もございますので奮っての参加お待ち申し上げます。

開催場所につきましては現時点では弊社、大阪府箕面市にて予定しております。

下記詳細をご確認ください。

【棒もぐさ体験会】

開催日時:6月24日 13時開始予定 (3時間予定)

開催場所:大阪府箕面市船場東2-1-20 ABCビル2F

最寄駅 北大阪急行 千里中央駅より徒歩20分
大阪モノレール 千里中央駅より徒歩20分

阪急バス新船場北橋より0分

ご参加ご希望の方はお気軽に0120-14-1417までご連絡くださいませ。

 

 

多彩な講師陣で第7回統合医療研修会を11月12日開催

11月12日、東京都千代田区永田町の衆議院第一議員会館(1階国際会議室)で「第7回統合医療研修会」を開催します。

米国をはじめ海外ではがんや難病を対象とした治療法として広く認知されている統合医療について学ぶ研修会で、今回も各界から多彩な講師陣をお招きし、充実した内容でお届けいたします。

講演内容は次の通り。

講演Ⅰ「病は気からって本当だった!?~病気にならない心のあり方~(矢島実先生 スポーツメンタルトレーナーアクア整骨院 千葉鍼灸マッサージ師会常任理事)」

講演Ⅱ「ソマチット・全ての病気が解明できる?~世界唯一の物理学者が語る~(佐野千遥先生 ロシア科学アカデミー スミルノフ学派論文審査員)」

講演Ⅲ「統合医療における生命保険の活用法!(加納智先生 フェイナンシャルプランナー)」
講演Ⅳ「生死を分ける蘇生法~命を救えるのはあなたです~(青木太郎先生 日本BLS協会代表)」

講演Ⅴ「美しい姿勢とストレスからの開放(黒須詠里加先生 スタジオアーク代表・ピラティス・ヨガトレーナー)」

講演Ⅵ「薬を使わない健康改善と栄養療法~認知障害・発達障害が劇的に改善~(小町みちこ先生 栄養管理士・予防医学指導士・代替医療カウンセラー)」

講演Ⅶ「がんと闘うために」

会場:衆議院第一議員会館・1階国際会議室(東京都千代田区永田町2-2-1)※当初会場予定の参議院議員会館1階講堂から変更になりました

日時:11月12日(木) 13時から(受付開始12:30 12:15~12:45に現地集合)

聴講希望の場合は参加予約が必要になります。

詳しい内容については株式会社きせんコミュニケーションズ(フリーダイヤル:0120-14-1417)までお問い合わせ下さい。