噂のスーパーフード「タイガーナッツ」を試食しました!

タイガーナッツを試食しました

 

スーパーフードとして注目されています、「タイガーナッツ」を試食してみました!

テレビでも紹介され、注目されている「タイガーナッツ」ですが、当店でも勿論取扱いがございますよ。 商品の形状は、皮あり、皮なし、スライス、粉末と様々ですが、まずはシンプルに「皮あり」を試食しました。

※写真1 右側の茶色い方が「皮あり」になります。(白い方は「皮なし」になります)

IMAG1236

1粒のサイズは1~1.5㎝。 タイガーナッツはその名の通り、ナッツのような味と言われていますが、ナッツではなく「塊茎」と呼ばれる野菜の根にできる実なので、 ナッツアレルギーのある方にも安心してお召し上がり頂けますね。

歯ごたえはかなりしっかりしており、噛めば噛むほどやさしい甘みが感じられます。 ナッツのような香ばしさよりも、私には甘味が先に感じられました。 皮の食感は、最後までもごもごと残る感じで細かくかみ砕くのは大変そうです。 食物繊維もたくさん含まれている食品ですので、水分を取りながらの食べて頂くのがよさそうですね。

皮の食感が苦手そうな方は、「皮なし」をお勧めします。 「皮あり」よりも断然食べやすく、甘みも強く感じられます。 ただし食物繊維が、「皮あり」が(33g/100g)に対し、「皮なし」は(22g/100g)とかなり摂取量が減ってしまいますので、食物繊維などを期待して食べられる方は、「皮あり」の方がよさそうです。

タイガーナッツに含まれる三大栄養素の比率としては脂質約50%、炭水化物約40%、タンパク質約6%ですが、脂質の7割がオレイン酸と言われており、炭水化物に関しても難消化性でんぷんの比率が高く太りにくいと言われています。

またタイガーナッツは血圧の安定や、体内の水分バランスに関わるカリウムを100g中710mgと豊富に含有しています。 100gあたりの含有量で見るとよく比較されるアーモンド(770mg)にやや劣りますが、カロリーが100gにつき約100kcalアーモンドよりも低くなっていますので、大差ないレベルとも言えます。 ダイエット中のむくみ対策であれば、カロリーも調整しやすいので使いやすいですね。

 

 

そのままお召し上がり頂いても美味しいのですが、オルチャータと呼ばれるナッツミルクにするのがおすすめのようです。

タイガーナッツミルク(オルチャータ)の作り方

■ 材料 •皮ありタイガーナッツ ・・・・・・・・・・・・ 大さじ2 (できれば1時間以上浸水しておく) •水 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 200ml •氷 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ カップ1/2 •メープルシロップ ・・・・・・・・・・・・・・ 大さじ1 •メディシンフラワーバニラエクストラクト ・・・ 2滴 •ピンクソルト ・・・・・・・・・・・・・・・・ 一つまみ

■ 作り方 1.水に浸したタイガーナッツの水をよく切って、ブレンダーに水と一緒に入れて撹拌する。  (この時、ナッツミルクバッグで濾すとさらになめらかになる) 2.残りの材料を入れて再度良く撹拌して出来上がり。

※ ナッツミルクバッグで濾さなくても飲むことはできますが、皮付きは多少ざらつきが気になるかもしれません。

 

気軽にそのままの形でもおいしく摂取することができ、アレンジも楽しめて、保存は一定の温度で2年間の長期保存が可能と、非常にコストパフォーマンスに優れたスーパーフードです! 是非一度お試しくださいね!

あの三和油脂みづほ・こめ油が50本入荷しました

当店ではこのほど「三和油脂 みづほ・こめ油」(1500g )が50本まとめて入荷いたしましたのでお知らせ致します。
miduho_1500

この”こめ油”は昨年秋にテレビの健康情報番組で取り上げられ、その影響により商品が一気に品薄となりました。当店でもせっかくご注文をいただいたのにご希望にお応えし切れず、大変にご迷惑をお掛けしました。

今回の入荷も50本と数量が限られておりますので、ご購入をご希望される場合はお早めにご注文をいただければと存じます。

この商品は、国産原料(玄米表皮・胚芽)からしぼった安心な植物油です。味は軽く、食べた後の胃のもたれが少ないのが特長です。また加熱安定性にも優れているので、揚げもの・炒めものに適し、またコレステロール値を低下させるといわれるオレイン酸やリノール酸がバランス良く含まれています。
そのほか国産原料にこだわった商品なので遺伝子組み換え原料使用の心配がありません。

ぜひ、この機会にヘルシーでおいしいこめ油の魅力に触れてみて下さい。

・「三和油脂 みづほ・こめ油」(1500g )の詳しい情報はこちらから
http://www.kenkousupport.com/item/17251.html

食卓を豊かにしてくれる、丸中醤油の滋味深い味わい

丸中醤油株式会社は、自然と蔵人の技によって営まれている古式製法により、伝統の醤油づくりを行っている滋賀県のメーカーさんです。その醤油づくりの様子は、たびたびメディアでも登場しているので、ご存知の方も多いかと存じます。
丸中醤油2

marunakasyoyu

当店ではお得意様限定となりますが、丸中醤油さんの商品をショールームにて販売しております。

テレビで取り上げられるたびに注文が殺到し入手が困難になることもあるという人気のお醤油ブランドです。これは一度味わってみないと”お客様に説明をできない”と考えて、「丸中醸造醤油 720ml」を当店スタッフで試飲してみました。

スタッフ皆の率直な感想は、「いつも使っている醤油と違う!」「うまみのある甘い味」などなど、ちょっとした驚きに満ちたもの。お醤油という調味料に対するイメージが変わったと、異口同音に話していました。

そのコメントの中からいくつかをピックアップしてみました。

「粘度のある、どろっとした感じかと思いましたが意外とさらっとしたお醤油でイメージと違いました。味が濃くうまみのある味ですね」

「甘みのある風味が特徴でしょうか。そして、すっきりしています。冷ややっこや焼き魚にも試してみたいです」

「お醤油だけでも美味しいと感じる商品です。このリッチなお醤油をぜひ卵かけごはんで味わってみたいと思いました」

「うまみとともに、砂糖のような甘みをほのかに感じる醤油でした。焼いた餅にもあいそう」

お醤油自体の質もよいのですが、”こんな風な食べ方がしたい”とすぐに思い浮かぶ味ともいえます。

ぜひ皆様も、丸中醤油さんが長い歳月をかけて培ってきた滋味深いお醤油を、ぜひ一度味わってみて下さい。お得意様サイトで販売中です。

詳しくは当店フリーダイヤル(0120-14-1417)までお問い合わせ下さい。