西瓜と青大長縞瓜を食べてみました

スイカ

 収穫した西瓜(すいか)と青大長縞瓜(あおおおながしまうり)を切ってみました。スイカに関しましては直径30センチぐらいのスイカでしたが、甘味があり、なかなかの出来でした。さすがに滋賀県のスイカには甘さ比べするとまだそこまでのレベルではありませんし、品種の違いも味が左右するので比べるのがおかしいのかもしれませんが、あともう一歩という感じです。

青大長縞瓜(あおおおながしまうり)断面

青大長縞瓜はとっても私の中ではヒット商品です。生で食べてみると少しメロンのような味もしますし、煮て食べると大根のような食感で、煮込み料理炒め物などふんだんに使っています。
しかも野菜を作るのにもとってもすくすく育ってくれますし、何個も何個も出来ますので来年も作りたい野菜の一つです。

青大長縞瓜と昆布を使った料理

茄子と青大長縞瓜の煮込み

卵と青大長縞瓜の炒め

カリフラワーと芽キャベツのスープin自宅

カリフラワーと芽キャベツ

白いカリフラワー、オレンジ色のカリフラワーなど育ててみましたが、見た目は違えど味の違いは微妙にあるのかもしれませんが、どちらも美味かったです。カリフラワーは、茎が甘くて美味いのもよくわかりました。

箕面今宮畑の方が、きれいに育ちました。芽キャベツは、粟生間谷・今宮畑共にどちらでも収穫でき、追肥などもせずにいつまでも楽しませてくれました。芽キャベツは小さければ小さいほど、甘さがぎゅっと締まっている感じがします。

どちらの料理もコンソメ風ですが、どれもが自家菜園の野菜で楽しめました。パセリもとってもすばらしい香りがし、スープにはもってこいのハーブです。
カリフラワー・芽キャベツ・ブロッコリーなど4月初旬まで収穫でき、ようやく春夏の畑の準備に、9日・10日に発酵鶏糞・卵の殻・大高酵素の酵素風呂で使われるオガクズを600坪の畑にまき、トラクターで畑を耕しました。まだ箕面の畑は300坪ほど野菜でうまっています。

芽キャベツ・パセリを使ったスープ

スノークラウン・マゼラータカリフラワー・人参・じゃがいもを使ったスープ

 

サボイキャベツに紫色のキャベツ

 赤からしミズナに白菜も春の陽気の為、大きく育ちすぎていて市場にはこんな規格外の大きさなど出回ってないと思いますが、生野菜としても食べれる充分な美味さです。サボイキャベツ・ルビーキャベツも最後の収穫でした。

タケノコ白菜と白菜を食べ比べ

タケノコ白菜と黄ごころ白菜のお鍋

タケノコ白菜と黄ごころ白菜のお鍋

 お鍋の中にタケノコ白菜と白菜と高野豆腐(こうやどうふ)とカブラなどを入れて、食べ比べて見ました。タケノコ白菜は、繊維が硬いというかシャキシャキ感がお鍋の中でも少し残る感じでほんのり甘く、白菜はとっても柔らかくとろける甘さでおいしかったです。

この時期の野菜は、とっても甘いのでお鍋での野菜を楽しんだ後は、野菜のエキスがたっぷり出ているので、雑炊でも楽しめタケノコ白菜と白菜は好みの差でしか判定しようがなかったです。(好みと言ってしまえばそれまでですが、、、)

今回、高野豆腐を入れたのは離乳食で使っているからです。豆腐より高野豆腐の方が栄養価が高いそうです。