三井温熱の定例公開セミナーに参加しました

三井温熱の定例公開セミナーに参加しました。

温熱についての臨床報告よりも 『未病(※病気と言うほどではないけれど、健康でもない状態のこと)』についてや口腔内のケアを行う事によって病気になる確率が減る事などの報告などありました。

160904_1430~01

(※写真は、スタッフ加藤『左』と高木 幸江(たかぎ ゆきえ)代表取締役『右』)

先生方の為になるお話しはまたの機会にお話させて頂く事として
プログラムの最後に三井温熱さんが出されいる商品の体験会がありました。

よくある温熱器や巻けるマットCAON(カオン)お湯を循環させる宝睡∞などある中
今回一番の肝いりとしての 『ナノカーボン 温熱ヘッドカバー』の体験がありました。

160904_1624~02

こちら商品としては 従来の三井温熱器2や3のヘッド部分に装着するアタッチメントになっており着けることによって今まで使用方法が一変するものになっています。

今までの温熱器はヘアアイロンが起源の為 本当にアイロンをかけるように
撫でてつかっていましたが、ヘッドカバーは直接温度を体に伝える仕組みとなってるそうです。

使い方は 三井温熱器3の場合は設定を『3(温度62℃)』でご使用頂いて 温度などは高温で使用しても良いとの事ですが、ただ粗熱が出るようなのでその際は使用する前に服の上などから当てて頂いたりして取る必要があるとの事です。

私は温熱療法師の方にやってもらって 大変気持ち良かったのですが
高木社長が1年の試行錯誤を重ねてデータをとり作成されたとの事なので
重篤ながんなどの方がされた時に効果あるのかを気になり
三井温熱さんに確認させて頂いた所 データはアンケートデータで残念ながら解析したものでは無いとの事でした。

後、ご参考までにガンの方を多く施術されている先生に三井のヘッドカバーを使った感想を伺ってみましたが残念でしたが温度が温度が入り難いとの事でした。その他には、当店でもスタッフでの話しであがりましたが、がんなどの施術を目的に行うならホルミシスなどあるパッドの方が有益では無いかなどの意見もありました。

ともあれ『未病の改善』には血流を改善し、この体本来の治る力を高めることが大切なので
今までの温熱法と違って ゆったりと気持ちよく 温熱ができるすぐれたアイテムでした。

弊社にて お試しできるレンタルなども行ってますので 是非ともご体験ください。

スタッフ 加藤

疲れが残らない青パパイヤ

筋トレが趣味(ウエイトトレーニング)の男性で病気で困ったり大病などした事がないとの事で 素晴らしい事に体や健康には自信がある方よりお話をお伺いしました。

体に気をつかうために、サプリメントが好きで効果に関しては敏感に感じれるそうです。なんと、2、3回で効果が感じるそうで体が研ぎ澄まされているのですね。

証明の話しと言う分けではないですが、どうしても 夜ご飯を食べた次の日
お腹周りにお肉がつくため 減らしてみたところ 不調を感じないので現在も行っているそうです。ちょっとした断食ですね。

ただ 体力仕事もなさっているので、仕事でたっぷり疲れがあっても
青パパイヤの発酵食品は、寝る前に2、3袋を飲むと熟睡できて疲れが残らないそうで 別格商品だそうです。

青パパイヤの発酵食品については、よく疲れが残らないなど よくお聞きするので
残暑厳しい中 疲れ対策として是非ご参考にしてください。

スタッフ 加藤

食物アレルギーについて

皆さんは何か食べられない物はありますか?

私の周りや、スタッフの中にも、卵アレルギーの方やイカを食べたら調子が悪くなる・・・チョコレートが食べられない、小麦粉、乳製品が食べられないという症状の方がいらっしゃいます。少し調べてみますと、食べると調子が悪い=食物アレルギーとは限らないようです。

食物アレルギーと食物不耐症というのがあります。

○食物アレルギー○

食物アレルギーは、「アメリカ医師会ジャーナル」(英語)に発表された論文の中では「食物アレルギーに関して、普遍的な定義はない」としています。しかし大半の専門家は免疫系によってアレルギーの反応が出ると考えています。

体内に入ってきた、あるタンパク質を有害なものと勘違いしてしまい、異物として攻撃することによって症状が出るそうです。そのため、以前は食べられたのに、突然食べられなくなるという事が起きます。症状としてはかゆみ、じんましん、嘔吐、下痢など、、、。症状が重いと失神、心停止を起こる可能性もあります。怖いですね。

重いアレルギー反応を引き起こす可能性があるのは、乳製品、卵、魚、甲殻類、ピーナッツ、大豆、木の実、小麦などです。

☆食物不耐症☆

体が食物を分解する酵素が足りない、消化できない事が理由での体の不調は食物不耐症というそうです。これは食べる量によっても症状は変わるそうです。症状もアレルギーの方ほど深刻ではありません。腹痛、ガス、胃けいれん、頭痛、発疹など。

不耐症を引き起こす可能性があるのは、乳製品、小麦、グルテン、アルコール、イースト菌など。

単にアレルギーといっても種類がある事がわかりました。

アレルギー、また、アレルギーまではいかなくても食物不耐症の方は、本当は大好きなのに、体に合わずに食べられないのは悲しいですね。

でも大丈夫です!世界中には食べ物は他にもたくさんあります!

例えば、

小麦が食べられない→ 米粉、玄米粉、米粉スパゲッティ、リブレフラワー

チョコレートが食べられない→キャロブチップ、キャロブパウダー

牛乳が食べられない→豆乳・ライスミルク・豆乳マヨネーズ

今ではアレルギーの方以外にも美容やダイエット、健康志向の方が代替品として購入される方が増えています。

当店では、日本では栽培していない外国の商品も取り寄せているので是非普段食べたことのない商品にもトライしてみて下さい!

当店で取り扱っている商品はパッケージも可愛いものが多いのでプレゼントなどにもいかがでしょうか。

当店では最近ラッピングの種類を増やし、袋型の可愛いものが登場しました!

ぜひ、ご自宅用、プレゼント用としてお楽しみください。

食を楽しみましょう!

 

スタッフ 織田