タヒボジャパンセミナー『健康で長生きするために~健康フォーラム2011』

先日、初めて、メールの対応をしました。

タヒボを購入されているお客様からで『タヒボ茶は肝臓に負担はかけないか?』という質問でした。

まず、お客様の過去の情報をチェックしました。

4年前ごろから当店を利用してくださっており、その頃からガンを患いながらも病院での手術や抗がん剤治療が嫌だと行かれず、また、家族へ心配かけまいと相談することも出来ずお一人で悩まれている様子がうかがえました。

その後、プツリと当店への利用も止まり、今年に入って、またご利用くださるようになっていました。

4年もの間、どうされていたのか?今、ご病気がどういう状況なのか?メールからはまったくわからず、担当のカウンセラーにお客様の状況を伝え、電話してもらうことにしました。

お客様は、この4年間、自分でいろんな代替医療を試され、また、病院へも今は通っているそうです。

また、家族にも相談することが出来、周りにも応援してもらって自宅療養で頑張っておられるそうです。

お客様から

『まだまだ希望は捨ててません。

これからもよろしくおねがいします!』

というメールをいただきました。

病気に負けない力強いメッセージにこちらが元気付けられました。

これからも私たちが出来ることで精一杯サポートしていきたいと思います。

ちなみに、今回、お客様が質問された『タヒボ茶は肝臓に負担をかけないか?』

ということですが、タヒボ茶は医薬品ではなく、『お茶』ですので、副作用などなく、

飲んでいただいて問題ない、むしろ、飲んだほうが身体に良いとのことです。

 

さて、今回は、タヒボジャパン主催の健康フォーラム『健康で長生きするために』のご案内です。

女優の大空眞美さん他、現役のお医者様がゲストとしてこられ、お話していただけます。

 

●健康フォーラム2011『健康で長生きするために』

●日時:2011年10月20日(木)

13:30~15:30(開場13時)

●会場:新宿明治安田生命ホール(新宿駅西口徒歩5分)

●出演者:

大空眞弓さん(女優)

度重なるがん治療に向き合い、はつらつとご自分の生き方を貫き通しておられる大空眞美さん。舞台同様、周囲の人々に沢山の勇気を与える生き方には力強いメッセージがこめられています。

帯津良一さん(医師・帯津三敬病院名誉会長)

生きる喜びや楽しみ、力強く生命を全うするためのあり方、死への心構えなど数多くの重要な要素を教えていただきます。

平田章二さん(医師・がんヴィレッジ札幌院長)

人の自然治癒力(免疫)を高めることを目的に、現代西洋医療、東洋医療や補完代替医療を合わせた、がん統合医療を実践されている平田先生。その治療方法や使用しているサプリメントなどをご紹介します。

●先着順、応募多数の場合は抽選となります。無料。

 

まだ若干空きがありますので、ご興味のある方は健康サポート専門店までお問い合わせくださいませ。

⇒フリーダイヤル 0120-14-1417

 

タヒボ茶情報誌『タヒボプレス』最新号vol.5が発行されました!

タヒボnfdの今が分かる情報誌『タヒボプレス』の最新号vol.5が発行されました。

内容は2011年6月6~9日に行われた健康博覧会2011の様子や、睡眠についてのお話、タヒボ茶を使ったレシピを紹介しています。

午後10時から午前2時は健康にとって非常に大切な時間帯だそうです。自立神経を整え、成長や美肌に関係する大切なホルモンが分泌されるそうです。
タヒボ茶レシピ

さらに詳しい内容をお知りになりたい方は当店までお電話でどうぞ!

⇒フリーダイヤル0120-14-1417

大人の素敵な女性のための情報誌『マチュア』にタヒボ茶が掲載されました!

現在、近畿大学の農学部で教鞭をとられておられる飯田彰先生は、古くから民間薬として利用されている薬用植物に注目されています。

その中でも、茶に含まれる大変有望な機能成分の合成に成功し、その有効性について実験を行っておられます。

飯田先生に限らず、海外でも茶の成分に着目した研究が増えてきており、世界的な大手製薬会社のロシュ社や、米国ボストンにある新薬開発企業アール・キュール社では、茶に含まれる『βラパチョン』という成分に注目、開発をすすめています。

(大人の素敵な女性のための心のやすらぎ情報誌『Matureマチュア』vol.10より参照)

詳しい内容に関しましては当店までご連絡くださいませ。

⇒フリーダイヤル0120-14-1417