TOMATO畑の安全な木製食器

無薬物生産の安全テーブルウェアの製造・販売元の
「TOMATO畑」の田中さんが当店に来てくださいました。

「TOMATO畑」の木製食器は、
伝統工芸職人である田中様のお父様が、奥様のご病気をきっかけに
「本当に安心して使える安全な食器を自分の大切な人達に使って欲しい」
という想いから誕生しました。

他の木製食器と何が違うのでしょうか?
それは薬剤を一切使わない日本一安全な食器であるということです。

なおかつ、クオリティが高いにも関わらず、
誰もが気兼ねなく使えるお手頃な価格なのです。

みなさんは木製食器を使ったことがあるでしょうか?
見た目に美しい、まさに芸術品のような食器は
食事をより引き立てる効果があるかもしれません。

しかし、安全面はどうでしょうか?

世の中にある木製食器のほとんどは薬剤処理がされて
その見た目を整えているのです。

もちろん、それらは、カビや腐食を防ぐために
防虫剤や防カビ剤などで処理をしたり、
木の染みを消す為に漂白剤を使うという処理を行っており、
木製食器業界では一般的なことです。

伝統工芸職人である田中様のお父様も
そのことに何の疑いを持たず食器作りをされてきましたが、
奥様のご病気をきっかけに変わられました。

「人体に有害なものが使われているのでは?自分が作ってきたものも
そうだったのでは?」という自責の念が、やがては
大切な家族に使って欲しい安全な木製食器つくりへと導いていったのです。

田中様からお話を伺ったところ、
その道のりは本当に大変だったようです。
詳細は省略させていただきますが、
田中様のお父様が目指したのはただ一つです。

「大切な家族が安心して使える安全な食器」であること。

この想いを胸に、ひたすら努力し続けた結果、
本当に自身を持っておすすめできる木製食器が誕生したのです。

ちなみに、TOMATO畑さん独自の「無薬剤食器」では
薬剤処理をしていない代わりに、巨大プールで24時間以上の煮沸消毒を行っています。
※100度に熱した水の下から、約270度もの蒸気をあてて煮沸効果を高めています。

また、従来は木の染みを消すために漂白剤で色を抜くのですが
TOMATO畑さんは漂白剤を使わず、木がもつ本来の色のまま製品にします。
そのため、特に染みの強いものは製品化できないのですが、
資源を無駄にせず、茶色の着色をしたりして、目立たなくするようにしているそうです。

さらに、煮沸消毒による水分をおよそ1年かけて乾燥させるのです。
煮沸消毒で虫食い、カビ、腐食を完全に除去できない場合も、
この1年間の天然乾燥で完全な除去を目指しているとのことです。

幾度も試行錯誤を繰り返したかと思います。
「無薬剤食器」を作ることができる環境・設備のため、
中国に移り住んだというのですから、本当に大変な苦労をなさったと思います。

しかし、結果として安全な「無薬剤食器」が製品化できたのですから
本当に素晴らしいことですね。

現在、じわじわとこのTOMATO畑の木製食器のファンが増えており、
本当に気に入って使っていらっしゃる方が
その品質の良さを是非みんなにも知って欲しい
という想いが形となって広がってきております。

今年の夏には全国的に展開されるそうです!
私がこのTOMATO畑のお椀を見て触って感じたのは
シンプルで飽きのこない、触り心地の良さです。
プレゼントにもいいなと思いました。

田中様からいろんなお話を伺い、作り手の想いを知ることができ
商品としての品質は本当に確かだと思いますし
是非皆様にも興味を持っていただきたいと思いました。

 

当店は自然食品を数多く扱っておりますが、
その食材をより安全にいただくには
TOMATO畑のような安心安全な食器も大事だなと改めて思いました。

陶器の取扱いもありますが、木製食器がお好みの方もたくさんいらっしゃると思います。是非一度ご覧下さい。
当店でもTOMATO畑の木製食器を取扱う予定ですのでお楽しみに!
石川

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>