ピーマンとちくわの肉詰め風作りました♪マクロビオティック料理

先日、公民館で絵手紙に挑戦してみました!≧(´▽`)≦
筆の先っぽをもって、被写体ははみ出すくらいに大きく書くのがポイントだそうです
下手っぴなのがいいのよ♪と教えていただきました。

写真 1

いつも、マクロビビオティックを実践してみたいなぁと思いつつ、なかなか実践できません。
中島デコさんの『かんたん、おいしい!マクロビオティックはじめてお弁当レシピ』という本を図書館から借りてきました!

写真 20

レシピを見ても、よくわからない材料がずらり!”θヘ( ・_・)

セイタンってなんやろ??
セイタンは小麦たんぱくでつくられた植物タンパク食品だそうです。
今回買ったのは、醤油で味付けされたものです。
固形のものやそぼろ系のものがあるそうです。
カロリーが少なく、動物性脂肪を全く含みませんので、カロリーやコレステロール等を気になる方にはおすすめ!

お肉の代用食材として、炒め物や煮物などに使えるそうです。

写真 2

写真 3今回買ったのは、セイタンの固形状、醤油味がついたものです。
見た目もかなりグロテスク!お世辞にも美味しそうとは言えない代物です(」°ロ°)
醤油で長時間煮込んでいるそうで、そのまま食べるとかなり辛くておいしくなかったです。
(醤油で長時間煮込んでいるのはコクを出すためだそうです)
通常の料理に使う場合は、30分ほど水につけて塩抜きが必要です。

写真 4

このセイタンを使って、ピーマンとちくわの肉詰め風を作ってみました!

写真 19

本そのままのレシピではなく、少しアレンジを加えて載せてます。本ではピーマンだけでしたがちくわにも詰めてみました。

ピーマンとちくわの肉詰め風

竹輪   3本
ピーマン   8こ
セイタン固形状瓶 180g
玉ねぎ  1こ
にら  半束
オートミール   4分の1カップ
小麦粉  大さじ3
しょうが  小さじ2
パン粉
塩コショウ
ごま油

写真 7

ごま油とショウガを加えたところにみじん切りにした玉ねぎを炒めます。

写真 8

塩抜きしたセイタンを細かく切って、さらに炒めます。
写真 12

写真 10

オートミールとニラ、小麦粉、塩こしょうを加え混ぜたら火を切ります。

写真 13

あとは通常のピーマンの肉詰めと同じ要領でピーマンを半分に切り種をとって偽肉を詰めていきます。

ピーマン嫌いな子供のために、竹輪詰めも作ってみました!
細すぎて詰めづらかったです。

写真 14

写真 15

写真 16

パン粉を偽肉の面につけて、多めのごま油で炒めます。

写真 17

できあがりを本と実物で見比べてみました!

写真 18

家族の反応は意外によかったです!
子供はやっぱりピーマンより、ちくわのほうが美味しい!といって全部喜んで食べてくれました!レシピでは、セイタンもしくはコーフーとなっていたのですが、セイタンを使いました。

見た目全然ちがうんだけど、本には詳しい材料が写真で載っていなかったのでわからなかったです。コーフーはまた別の料理を作る予定ですヾ(*゚∇^*)ノ~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>