今年もご愛顧いただき、ありがとうございました

今年も残すところあと2日となりました。

皆様にとって2015年はどのような1年でしたでしょうか。

健康サポート専門店にとっては、タヒボジャパンが30周年という歴史の節目を迎え、あわせて、タヒボNFDをブランドに育て上げたタヒボジャパン創業者の畠中平八会長が、享年96歳で逝去されたことが最大の出来事でした。

健康サポート専門店のはじまりは、タヒボ茶を広めることからでした。タヒボ茶の販売を介し病を持つ多くの方とお話する機会をいただき、健康になっていただく確率を少しでも高めたいと考えて、お客様からのご要望をもとに商品数と情報を増やして参りました。その中でもタヒボ茶は最も科学的根拠があり、自信をもってお勧めできる、すばらしいお茶だと確信しております。

タヒボジャパン30周年式典の様子

タヒボジャパン30周年式典の様子

さて、今年9月27日にはタヒボジャパンの30周年をお祝いする式典が大阪市内で催されて、たくさんの方々が出席し、盛大に行われました。

その式典の中で講演された、アジアの子どもたちへの医療活動に従事されている医師の吉岡秀人先生(ジャパンハート代表)のお話に少し触れたいと思います。

ミャンマー、カンボジア、ラオスなどアジア諸国で年間2000件の手術を執り行い、これまで1万人を超える幼い命を救ってきた吉岡先生の活動は、テレビなどのメディアでも取り上げられており、ご存知の方も多いかと存じます。

医師もおらず施設も薬も揃わない、苛酷な医療環境の中で生きる子どもたちの命に向き合ってきた吉岡先生の語るエピソードは、どれも重みがあり、恵まれた環境で暮らす私たちにとってはショッキングな内容だったといってもよいでしょう。人の生まれてきた意味や生と死について考えさせられる、深い死生観を基にした吉岡先生のお話に、会場に集まった方々は静まり返って聞き入っていました。

また現地でタヒボを用いて、健康を取り戻した子どもさんからのビデオメッセージも講演中に紹介され、会場は大きな拍手に包まれました。

今から20年前に、吉岡先生は医療活動のためにミャンマーに赴き、そこで現地の仏舎利塔の壁に、第二次世界大戦で従軍し命を落としたたくさんの日本人の氏名が記されているのを見る機会がありました。”子どもや奥さんなど家族もいただろうに、このような遠方の地で多くの若者が息絶えて、本当に無念だったろう”と強く感じ、またアジア各地で日本人戦没者の慰霊碑を見る度に同様に思い、それが心の片隅でずっとひっかかっていたそうです。

そして、この日のお話のまとめで吉岡先生は、”20年前にもらったメッセージを次の世代に伝えていくことが自分たちの使命ではないか”と考えられたと、戦後70年を迎えた今年にふさわしいお言葉を述べられていました。

世界中との緊密なつながりなしでは成り立たない現代社会では世界を広く見ることが大事とはよくいいますが、会場で吉岡先生の言葉に熱心に耳を傾けていた方々にとって、多くのことを知り考えるよい機会になったかと存じます。

今年一年、健康サポート専門店をごひいきいただき、ありがとうございました。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>