コールラビ

コールラビ

コールラビの写真

 コールラビは、球形にふくらんだ茎部を食べるアブラナ科の野菜です。

地中海地方原産で、ドイツ語でコール=(キャベツ)、ラビ=(カブ)という意味だそうで、なるほど、キャベツの様な、蕪の様な、変わった形をした野菜です。

この珍しい形状に惹かれて、少しだけ植えてみました。ポットで育てた苗を、4月中旬に植付けたのですが、いつのまにか茎の部分が、だいぶふくらんできました。

あまり大きくなり過ぎると、硬くなったり、割れてくるようなので、そろそろ、収穫の時期かな?と思っています。

味のほうは、あまり期待はしていませんが、試食のためのレシピを、考えているところです。

コールラビ” への1件のコメント

  1. はじめまして。
    コールラビを拝見して、懐かしくなってコメントを書きたくなりました。ニュージーランドに行ったとき、現地のおばあちゃんが、コールラビをジャムにしたのをくれました。それをバニラアイスクリームにかけて食べるとおいしいよ、と。早速食べてみると、酸っぱいイチゴジャムの味がして、とてもおいしかったです。
    ジャムにするのは、きっとご存知だと思いますが、もしオーガニックキッチンであの味にまた出逢えたら、すごく嬉しいな〜、なんて思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>